5日間で1950km東北の旅を終えて

 

近々、福島県南相馬市と神奈川県秦野市をつなぐ未来 kids project保養プロジェクト2017ついに発表!

http://www.miraikids2015.com

地元秦野市に到着しました。走行距離は5日間で1950km今回の旅も実に有意義でした。

新しく知り合った方々、五年以上にわたるお付き合いのある方、出会った頃に比べ、みんな終始笑顔だったな。

今まで東日本大震災当時のことを話されなかった当社で受け入れをした方達も自ら詳細に話してくださいました。

また未来 kids projectの5年後、10年後を考え市役所へ電話とメールでいきなりアプローチをしましたが、南相馬市の桜井市長をはじめとした皆さんに私たちの想いを伝えることができ、本当によかった。

まだまだ完全な復興にはほど遠いと思いますができることを継続して行動いたします。

また今回の旅にあたりガソリン代や宿泊費など東北での活動費として、数名の方から費用御負担のありがたいお申し出をいただきました。

あらためてお礼、そして旅の報告をしに伺います。本当にありがとうございました。

東北の仲間からは東日本大震災当時や今に関するテレビには出ない貴重な情報、ご飯やビール、コーヒーなどの飲み物、宿泊場所、さまざまな情報の提供をいただきました。みなさんの想いをここ神奈川で伝え続けます。

またお会いいたしましょう!東北で!
そして南相馬市へは未来 kids projectの件で
9月!また新しい旅が始まるかも!

近々、未来 kids project保養プロジェクト2017
の詳細を発表!

あなたたちのことは忘れていません。ずっと想い続けていますと伝えられたらと思うのです。

続きを読む 0 コメント

俺は福嶋人

 

本日は新年明けてから初の未来 kids projectチャリティバザー!

 

未来 kids projectスタッフ福嶋秀樹です

 

せっかくのチャリティバザーなのに午後から雨が・・・雨男な俺。雨ぇぇぇぇぇぇぇ(泣)

 

東日本大震災以降、多くの宮城県や岩手県、福島県の方達と出会いがありました。本日もやはり福島の方と出会いが・・・

 

それは僕が経営する会社から仕事上でお願いしたのです。

続きを読む 0 コメント

千里の道も一歩から

 

未来 kids projectスタッフ福嶋秀樹です。

先週の火曜日は恒例のインターネット教室でした。

 

この勉強会もスタートして早いもので13ヶ月。今回ご参加いただいたのは、当初からご参加していただいているお二人です。

 

毎月毎月お忙しいなか時間を作ってくださいます。本当にありがたいです。

 

少しずつ少しずつ進めてきてご参加者さまのホームページもかなり良い感じ♫

続きを読む 0 コメント

未来 kids project恒例のラジオ番組「38人の小学生の東北への想い」

 

 

午後9時から生放送無事終了!

番組は25分過ぎからです。

 

番組開始までは一昨年、福島県南相馬市から子どもたちを招待した時に開催した宮城県や福島県などの東北の若者による講演会の模様です。

 

46歳ヒデキのレイディオでゴーゴー78回目

「38人の小学生たちの東北への想い」

 

昨年、秦野市内で受け持った特別授業

 

昨年の12月にさせていただいた未来 kids projectによる東北の今を語る1時間半の特別授業

 

ご参加いただいた小学生たちよりたくさんの感想文をいただきました。今夜はそちらを時間の許す限り東北にいらっしゃる僕の友人たちにお届けしたいと思います。

 

 

 

 

 

先生より

 

福嶋さん

昨年は大変お世話になりました。12月にお話し頂いたことは、子どもたちの胸にささったようで総合の学習に対する姿勢、目の色が変わりました。

 

ご友人の佐藤さんやリッキーさんにもメッセージをいただき、本当に貴重な経験でありました。どうぞお二方にも宜しくお伝えください。

 

この度のことで子どもたちは震災のことを「忘れない」ということと、人とのつながりの大切さを改めて考えました、ここで得た気持ちを大切にし今後の活動につなげて行きたいと思います。

 

最後に子どものみならず、私自身、授業、学級経営について振り返り考えさせられました。福嶋さんの言葉の中にはいくつも心打たれるものがありました。「人に何かを伝える」ということについては教員も同じです。貴重なお話を本当に有り難うございました。

 

 

 

1 コメント

未来 kids project公立小学校で特別授業

 

12月16日・・・本日は秦野市公立小学校で授業をしました。

この夏にご参加いただいた未来 kids project「保養活動」

その小学生と担任の先生からご依頼をいただきました。

このクラスでは「東日本大震災」について1年を通じてインターネ

ットなどで調べて来たのですが、どうしても「当時の生の声」がわ

からなかったそうです。

ということで東日本大震災以降、現地でのボランティアや受け入

れ、被災した学生さんのアルバイト雇用などをして今は、未来 kids 

projectのスタッフとして福島県南相馬市から子どもたちを全額チ

ャリティでお招きするプロジェクトをしている私たちにお声がかか

ったのです。

嬉しいことに小学生たちとやりとりをした手紙を教室内に貼ってい

てくださいました。

東日本大震災以降、現地へ行っている当時からの様子を話したり写

を交えて様々なことをお話し致しました。

東北の友人たちもビデオレターを送ってくれ、小学生のみんなは聴

き入っていました。

今中心に活動をしている未来 kids projectについてもあつく語りま

した。

4時間目は班ごとに考えていただき、その発表の場。

やはり自分で考えて行動することってとっても大事ですからね。

全9班、たくさんのことを考えてくれて発表してくれました。

みんな素晴らしいと思います。ぜひ実践まで行動を移していただけ

ればと思います。

 

最後は

「福嶋さん、もう帰っちゃうんですか!?ぜひ給食食べて行って」

とお言葉に甘えて小学生のみんなと一緒に給食を。給食なんて実に

30年以上ぶりです。

 

たくさんのことを自分の娘と同じ世代の子どもたちにお

伝えできて、本当に有意義な時間でした。

 

 

みんなまた来年の未来 kids project保養プロジェクトで会おう!

 

 

 

0 コメント

【子どもお掃除隊出動】

 

                     12月26日

12月22日はお掃除の大切さをお勉強!

地元の小学校の小学生を招いて2チームに分かれて、どっちがキレイに掃除できるか、みんなが嫌がるところをキレイにできるか、どこをキレイにすると住んでる人はうれしいか…学びはいっぱい‼︎
みんなちゃんとやるかなぁ…私たちの心配をよそに、子どもたちは必死に楽しんで学んでました(*^^*)

 

あっという間に3時間を終えました。単なるお掃除だけかと思っていたらスタッフのひできさんより「お掃除」をすると、なぜ人やモノ、コトが集まってくるのか、具体的な例を挙げて話があり、なるほどなぁと思いましたよ🎶

 

人やモノ、コト(お金)が集まってくるのは「信頼」と「感謝」を集めるコトができる人というのは納得でしたぁ。

 

ひできさんは独創的で短気なところ(笑)もあって時にはケンカもするけど、確かに彼には人やモノ、コトが集まってる!!

 

子どもだけではなくて大人でも実践する価値があると思いました。来月もやりたいなぁ・・・

うちの子どもは次の朝に起きたらすぐに掃除を始めたり、参加した子どもの中でも、当日夜のひできさんのラジオ番組を初めて聴いて「掃除の大切さ」を徹底的に頭に叩き込んでいたようです(*^^*)

 

小学校でも様々な活動をしてますが、このように地域でより子どもに関わっていくというのは前からとってもやりたいと思っていたので継続していきたいと思います。

 

いよいよ年末ですね。未来 kids projectの活動を開始して2ヶ月弱・・・本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさん、どうぞ良いお年を!!

 

未来 kids project あずさ

 


もうすぐクリスマス

今日は関東地方、気温が20度を超えたとの事。

12月とは思えない気温です。厚手のコートは入りませんでしたね。

 

後1週間でクリスマス。なんだか暖かいので、クリスマスの感じがしません。イルミネーションとか観に行ったら、感じられるのかな。

 

みんなの所に、サンタさんが来るといいなぁ。

楽しいクリスマスになりますように。

 

写真は我が家のクリスマスツリー。サンタさん宛ての手紙が乗っかってます。6年生の息子。まだサンタさん誰だかわかっているのかな。

 

石井宏子


よくしゃべった日・・・

こんにちは!!未来 kids projectスタッフの福嶋秀樹です。

いよいよ年末ですね!!いかがお過ごしでしょうか!?

 

僕はというと本業の不動産業を年末の12月31日までするので特段、年末という感じはしないですね。

 

昨日は午前中から未来 kids project広報活動の一環として秦野市役所へ行き、広報課から秦野市環境協会、午後は仕事の合間に小学生をお招きしてのお掃除ボランティアで掃除によって得られる人間関係における、その効果について話しました。いやぁ小学生って目がキラキラしていていいですね。

 

おいらなんかほら・・・45歳だから(気持ちは19歳だけど)目がに○っちゃってさ・・・

 

しか~し1日はまだ終わりません・・・夕方から東海大学へ行き、チャレンジセンタープロジェクトで地域と大学の関係を強化するための、とこラボさんにて50名くらいの前で「プロジェクト推進のための情報共有の方法」について大学教授や行政の方などに混じって話させていただきました。←僕って不動産屋さんだよね・・・(笑)

 

ビシッ!!「未来志向はアナログ思考!!」我ながらいいこと言った(笑)

 

そして火曜日夜と言ったら・・・そうインターネットラジオ「45歳ヒデキのレィディオでゴーゴー」です(笑)

この番組も早いもので29回放送で次回はなんと30回目です。「継続とは力なり」とはよく言ったもので当社お付き合いのアパートオーナー様も聴いてくださったようです。普段と違うことを話すのでなんとなく気恥ずかしいですね。

 

しっかし本当によく喋った1日でした。とーっても楽しく充実していたけどね!!

 

そしてラジオ放送が終わった後、会社に戻り契約書の作成を夜中2時まで・・・(号泣)

 

頑張ります!!


ありがとう小沢さん!!

昨日は明日のクリスマスリース作りの材料集めに弘法山へ。

収穫したい木の実の近くで畑仕事をしていた小沢さんに(この時にお知り合いになり、お名前を聞きました(^O^)

 

小沢さんに一言ごあいさつしえ、木の実狩り!木の実を狩りながら、また小沢さんとおしゃべり。

 

いっぱい収穫させてもらい帰ろうと思ったら、小沢さんが「みかん持ってけ~」と無農薬で育てたというとっても美味しいみかんをた~~~くさんいただきました(^^ゞ

無農薬だから皮は汚いけど、美味しいよ~

 

1回洗ってから子どもに食べさせてやれ~

と言われたので、私は帰ってからぜ~んぶ水洗い(^O^)

 

シンクいっぱいのみかんをひとつずつ洗って、テーブルで乾かして・・・

ウチだけでは食べきれないこの量。もちろんバザー提供させていただきますよ~!!

 

小沢さんありがとうございました~♪(^O^)

小沢さんのお話だと、空気が汚れているから、みかんも黒く汚れるそぉです。

秦野でこんなんじゃあ、南相馬の空気がどんなんだろう・・・とちょっと悲しくなりましたが・・・がこのみかんでまだ少し南相馬の子どもたちお招待へ近づきます!

みなさまの少しずつのお気持ちが集まって、大きなものになっています!!

小沢さんありがとうございました!

みなさま、いつもありがとう!!

 

未来 kids project あずさ


福島の本当に大切な友人たちからの贈り物

企画広報・web担当の福嶋秀樹です。今日は暖かな神奈川です。

 

昨日ですが福島県伊達市の大切な女性の友人からたくさんのものが届きました。それは・・・

 

「13日に開催する福島県南相馬市の子どもたちをお招きするためのチャリティバザーで使って!!協力するから」と協力するから」と周囲のお友達にも声をかけてくださり、送っていただいた、たくさんの心からの贈り物でした。

 

彼女には今年9月にも恒例の東北縦断の旅の際にお忙しいところ、お時間を取っていただき、お茶をしました。

 

いつも宮城県を中心としたボランティア活動の際に、東北の友人たちに会っています。

 

彼女とは共通の方を介して知り合ってからもう3年か・・・いつも励ましを頂いています。

 

他しか初めてお会いしたのが高速の東北道路のとあるパーキング。時間があまりなかったこともありわずか1時間ほどの時間でしたが、彼女は美味しいスィートポテトなどを作ってきてくれました。

 

そんな出会いから数年後にこの未来 kids projectがスタートしてそれに対して福島県の方よりこのようにバザーや前回9月に南相馬市の子ども達をお招きした際にご協賛をいただくことになるとは・・・

 

そんな皆さんのご期待に応えられるように未来 kids projectスタッフ一同、頑張ってまいります。

 

ありがとー!!あんちゃん!!?


3人ミーティング

12月4日

3人ミーティング

 

ちょっと前の事ですが、3人で会場視察も兼ねてミーティングをしました。

場所はMountain Records(マウンテン レコーズ)山レコさんって呼んでいます。

 

3人で集まるのはなかなか難しい。少ない時間ですが、出来る限りネットを使いながら打ち合わせしています。

 

さて、代表原あずさ、広報部長福嶋秀樹はワークショップを12月に開催致します。私は何が出来るかな。

 

石井宏子



福嶋です。今回の「未来 kids  project」はなるべくしてなったような気がいたします。

今回、未来 kids projectをたちあげた原あずさ、石井宏子2人と私、

福嶋は2013年に開催したサッカー元日本代表木村和司さんのサッカー教室を起点に2人に出会いました。きっとその時にこのプロジェクトの結成は運命で決まっていたんでしょうね。

 

当時は私はサッカー教室の主催者、原あずさは、参加者の一組、石井宏子は原あずさのとても仲の良い友人でこのサッカー教室の開催を原あずさに教えました。それが縁でサッカー教室参加、そして運営スタッフに加わることになったのです。

 

そして石井宏子は私がとてもお世話になっている会社経営者の従業員の方で数年前にその経営者のご紹介で神奈川県秦野市在住の2人が千葉県柏市で初めてお会いました。そのつながりで、やはり運営スタッフに加わることになります。

 

一昨年、私は高校サッカー部時代からの親友でありビジネスパートナーある賢哉を肺がんで失いました。その同じ時期に開催された木村和司さんのサッカー教室で久光選手のための募金活動していたのが原あずさだったのです。その時は「肺がんで戦いながらプロを続ける不屈の精神の選手がいるんだな。すごいなぁ」と思いました。そしてその久光選手の存在を知った6日後に同じ病気で高校サッカー部時代からの親友でありビジネスパートナーの賢哉を失うことになるのです。

 

木村和司さんのサッカー教室の時に未来 kids project代表の原あずさが肺がんで闘病しながらプロを続けている選手がベルマーレフットサルクラブにいて、子どももお世話になっているし、主人をとても励ましてもらっているので、当日はその治療費のための募金活動をさせて欲しい。そしていつかその選手のためにチャリティでフットサル教室が開催できたらなぁと言っていました。

 

サッカー教室終了6日後に親友を肺がんで失った私はすでに実現のために動こうと決意し、すぐにコンタクトを取り、数ヶ月後には原あずさのご紹介でその選手と会うことになるのです。

 

それから様々な「コト」「ヒト」がつながり、様々な困難がありましたが、多くの方のご協力で久光選手のフットサル教室や講演会など3度にわたり開催の実現となりました。

 

今思えば、あの時、千葉県に行き石井宏子と出会わなかったら、私が木村和司さんのサッカー教室を開催しなかったら、石井宏子が原あずさに木村和司さんのサッカー教室の件を教えなかったら、参加しなかったら、原あずさが久光選手の存在を私に教えなかったら・・・そして何よりもこの3人が出会わなかったら、このプロジェクト「未来 kids project」はなかったわけです。

 

そんな深いつながりの3人で始めた福島県南相馬市の子どもや仲間への想いがたくさんつまったプロジェクト

「未来 kids project」。どうぞよろしくお願い申し上げます。